食べていないのに痩せない5つの原因

パーソナトレーナー&ヨガインストラクターの佐藤勇介です。

「あんまり食べてないのに痩せないんですよね〜」

「何で痩せないんですかねぇ〜?」

このような相談をよく受けます。

食べていないのに痩せないというこの矛盾・・・

一体どういうことなんでしょう。

痩せないのには必ず何かしらの原因があるはずです。

食べていないのに痩せない5つの原因

「食べていないのに痩せない」という人はたいてい以下の5つのどれかに当てはまっているケースが多いです。

(病気など特殊なケースを除きます)

①本当に食べていない(けど出ていない)

②食べていないつもり(だけど実際には食べている)

③量は食べていない(けどカロリーオーバーしている)

④本当に食べていない(が飲んでいる)

⑤食べていたことを忘れている

それでは一つずつ見ていきます。

①本当に食べていない(けど出ていない)

実際に食べている量は多くないのに痩せないという理由の一つに便秘というものがあります。

本来なら排出されるべき、排出されなくてはならない食べ物のカスが出ないということは便の分だけ重量が減りません。

それでは痩せないのは当たり前ですよね。

そもそも便秘はダイエットの大敵です。

便秘で腸内環境が悪くなるとカラダ作りも上手くいきません。

そんな方はまず早急に便秘を解消していく必要があります。

②食べていないつもり(だけど実際には食べている)

自分にとって(主観的に考えて)食べていなかったつもりでも客観的に見てみると食べていたというケースです。

食べる量の基準を自分の感覚で考えていると、食べていないのに(食べていないつもりなのに)痩せないということが起こります。

解決していくには、ご自身が一日にどのくらいのカロリーを消費しているのかを調べ、その数字を元に食事の見直しを行っていくことです。

消費カロリーの計算方法は→コチラ

③量は食べていない(けどカロリーオーバーしている)

ポテトチップスやパンなどの軽い物は太らないと思っている方もおられます。

しかし食べ物自体の重さはあまり重要ではありません。

その食べ物の中にどれだけの栄養素(炭水化物やたんぱく質そして脂質)が含まれるかが大切です。

1袋60gほどのポテトチップスはお茶碗一杯分(180g)のご飯よりカロリーが多いです。

お菓子などの栄養の低いものは控え、しっかりと栄養のある食事を心がけましょう。

④本当に食べていない(が飲んでいる)

食べ物は気をつけているのに飲み物でカロリーを摂り過ぎているケース。

カフェでよくお茶をする女性に多いです。

カフェに行って砂糖やミルクの入っているものを頼んでしまう・・・という方は知らず知らずのうちにカロリーが高くなってしまうので要注意です。

また暑くなるとコーラなどの炭酸飲料やスポーツドリンクをガブガブ飲んでしまう・・・という方も同様です。

思い切ってやめるか量や頻度を減らすなどの工夫をしてみてください。

ちなみにペットボトルのコカコーラ(500m)を一本飲むとご飯一杯分相当の糖質を摂取していることになります。

スタバのキャラメルフラペチーノのトールサイズは322kcalあるそうです。

322kcalをおにぎりで換算すると約2個分になります。

つまりランチの後にスタバに行ってキャラメルフラペチーノを頼むということは、ランチの後すぐにおにぎり2個食べているようなものです。

ランチでお腹いっぱいの後すぐにおにぎり2個は食べられなくても飲み物は喉を通りますもんね。

⑤食べていたことを忘れている

あんまり食べていないと思っていたけど写真を撮って後で振り返ってみると結構食べていることに気づいた・・・

というケースも少なくはありません。

「そういえばアイス食べてました〜」

とか

「よく考えたら友達とお茶した時にケーキ食べてました〜」

なんてことはざらにあります。

これを解決するにはご自身が普段食べているものを写真に撮って後で振り返るようにしてみてください。

おわりに

いかがでしたか?

物事には必ず理由があります。

このブログで何か気付きや発見があったら嬉しいです。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
営業時間
9:00〜20:00
​不定休
ACCESS
兵庫県神戸市中央区磯上通8-1-13 建信ビル4F
神戸国際会館から徒歩1分
JR三ノ宮・阪急三宮・阪神三宮駅から​徒歩5分
© FlexibleStyle2016 Allright Reserved.