達成率UP!目標設定における3つのポイント

16/04/2018

パーソナルトレーナー&ヨガインストラクターの佐藤勇介です。

 

 

4月も半ば!

 

 

だんだんと暖かくなり過ごしやすくなってきましたね。

 

 

これまでトレーニングをやったことがない方たちも今年こそはカラダを変えようと体験レッスンを受けにきてくださっています。

 

 

カウンセリングではそれぞれの方に今の目標をお伺いするのですが

 

 

目標の立て方で達成できるかどうかが大きく異なります。

 

 

今回は達成率をUPさせる目標設定における3つのポイントをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

ポイント①具体的かつ測定可能である

 

 

 

 

 

☑︎痩せたい。

 

☑︎カラダを柔らかくしたい。

 

 

かなりざっくりですよね・・・

 

 

目標は曖昧であればあるほど達成確率が下がります。

 

 

具体的にどこの部分を痩せたいのか?等はっきりさせましょう!

 

 

ハッキリさせることによってやるべきことが見えてきます。

 

 

 

 

例えば、上の目標であれば以下のように修正します。

 

 

 

 

☑︎体重を◯キロ落としたい

 

☑︎ウエストを今より◯センチ細くしたい

 

☑︎下っ腹を凹ませたい

 

☑︎二の腕を引き締めてあと◯センチ細くしたい

 

☑︎腹筋に縦のラインがほしい

 

☑︎前屈で床に指先が着くようにしたい

 

☑︎開脚の角度を◯度から◯度にしたい

 

 

 

 

など

 

 

 

 

体重を減らしたいなら食事を変えていかなければいけませんし、二の腕を引き締めたいのであれば二の腕のエクササイズをする必要がありますよね!

 

 

前屈ができるようにしたいのであれば、前屈をするために必要な筋肉とストレッチ方法を調べてやっていけば良いんです。

 

 

このように

 

 

具体的かつ測定可能な目標は、目標を達成するための詳細なアプローチをしていくことに繋がります。

 

 

 

 

ポイント②達成可能である

 

 

 

 

現実離れしているような目標は達成率が大幅に下がります。

 

 

何故なら達成したこともないような大きすぎる目標はやっている本人が達成することをイメージできないからです。

 

 

あなたは登ったこともないような高い山に初めてのチャレンジで登る自信があるでしょうか?

 

 

おそらくほとんどの方が『No!』と言うでしょう。

 

 

登れる自信がないまま、つまり結果を疑いながら努力をしていって目標を達成できるでしょうか?

 

 

小さな山を着実に登っていくことにより自信をつけていくんです。

 

 

目の前の達成できそう!とイメージできる目標の方がその目標に向かって努力をしていけるはずです。

 

 

小さな達成の積み重ねがあなたの最終的な目標の達成に繋がります。

 

 

最終目標は達成したことがない大きな目標でも構いませんが、その場合中期目標短期目標で自分自身が達成をイメージできる目標にしましょう!

 

 

 

 

ポイント③時間的制約がある

 

 

 

 

 

 

いつまでにという期限がない目標も達成率が下がります。

 

 

あなたの周りで『痩せたい〜』が口癖の方いませんか?

 

 

その方、会うたび太っていってません?(笑)

 

 

いつまでにというリミットがあるからこそ逆算して、毎日何をどのくらいやっていけば良いのかという計画を立てることが可能になります。

 

 

 

 

3つのポイントを踏まえて目標を立ててみる

 

 

 

 

 

3つのポイントを踏まえて目標を立ててみましょう

 

 

 

 

☑︎2018年7月31日までに今より体脂肪率を−3%ダウン、腹筋に縦のラインが薄っすら見えるようにする!

 

 

☑︎2018年6月上旬の結婚式までに体重を3kgダウン、芸能人の◯◯さんのような綺麗な肩甲骨を目指す!

 

 

☑︎2018年5月末までに今より開脚の角度を10度UPできるようにストレッチをする!

 

 

 

 

といった感じです。

 

 

 

 

おわりに

 

 

いかがでしたか?

 

 

目標の立て方にもポイントがありどのように目標を立てていくかで達成率が大幅に変わります。

 

 

もしあなたの目標があなたの考える期日までに達成可能かどうか判断できない場合はパーソナルトレーニングスタジオなどに行って相談してみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

(大切)原因と結果の法則

August 15, 2017

1/2
Please reload

最新記事