あなたの下半身太りはどのタイプ?

神戸三宮Flexible Stle(フレキシブルスタイル)にてパーソナルトレーニングの指導を行なっている佐藤勇介です。

前回のブログでは下半身太りには主に4つのタイプがあるということをお伝えしました。

今回は4つのタイプの見分け方をご紹介していきます。

①むくみがちなぷよぷよ脚

☑︎手足の先が冷えやすい

☑︎足全体がぷよぷよしてメリハリがない

☑︎便秘がちでトイレに行く回数が少ない

☑︎朝楽にはけたはずの靴が夕方になるときつく感じる

☑︎1日中立ちっぱなしもしくは座りっぱなしである

☑︎ソックスのゴム跡がなかなか消えない

以上の項目に当てはまる人がむくみが原因で足が太くなっている可能性大です。

冷え、睡眠不足や塩分の取り過ぎなどが原因で水分代謝が悪くなり、余分な水分や老廃物を下半身に溜め込んでしまっている状態です。

むくみがあるところには脂肪がつきやすくなるので膝から足首までが締まりなくボテッとしたラインになってしまいます。

②脂肪のついたぽっちゃり脚

☑︎内ももや前もものお肉がぶよぶよしている

☑︎太ももと太ももの間がムッチリしていて隙間がない

☑︎膝の上にお肉が乗っている

☑︎足で1番細いはずの足首のお肉がつまめる

☑︎運動不足を自覚している、運動が苦手もしくは嫌い

以上の項目に当てはまる人は脂肪が原因で足が太くなっている可能性大です。

ほどよい脂肪は女性らしく肉感的なレッグラインに必要不可欠ですが脂肪が付き過ぎているあるいは脂肪が偏ってついてしまうとズドーンとだらしない印象を与えてしまいます。

このタイプは足だけでなくただ全体がぽっちゃりしていたり体脂肪率が高い場合がほとんどです。

③筋肉が硬くこわばっているがっちり脚

☑︎激しいスポーツをしている、または過去にしていた

☑︎太ももやふくらはぎの外側が大きく張り出している

☑︎足全体が触れるとガチガチに硬い

☑︎筋肉のつき方や太さが左右の足で違う

☑︎足に合わない靴や高いヒールの靴を無理して履いている

以上の項目に当てはまる人はこわばった筋肉が原因で足が太くなっています。

学生時代に運動部に所属していた人や現在も激しいスポーツやっている人に多いタイプです。

また普段の生活では足に合わない靴を無理して履いていると前ももや脚の外側に偏った筋肉がついて足のラインが崩れてしまうこともあります。

④曲がった脚(O脚など)

両足のかかとつま先をそろえてまっすぐに立ったとき太もも、膝、ふくらはぎ、内くるぶしの4点のうち1点でも離れていたらO脚です。

両足の間にOの字ように隙間があることからこう呼ばれています。

床に座る文化のある日本人には多く約8割がO脚だとも言われています。

今更治らないと諦めている人も多いのですが多くの場合、足裏の重心、猫背などの姿勢の悪さや歩き方などから歪みが生じることが原因なのでそれらを少しずつ整えていくことで真っ直ぐな脚のラインを手に入れることが出来ます。

当スタジオではトレーニングやストレッチによってO脚を改善していきます。

おわりに

いかがだったでしょうか?

あなたの下半身がどうして太くなってしまうのか、その原因が分かりましたか?

次回以降のブログでタイプ別の対策を(一部ですが)順にご紹介いたします。

一刻も早く下半身太りを解消したい!下半身太りの原因を詳しく知りたい!という方は体験レッスンに一度お越しくださいませ。

原因そして対策方法をしっかりとお伝えさせていただきます。

体験レッスンのご予約はコチラ

神戸三宮のパーソナルトレーニングスタジオ

Flexible Style(フレキシブルスタイル)

神戸市中央区磯上通8-1-13 建信ビル4F

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
営業時間
9:00〜20:00
​不定休
ACCESS
兵庫県神戸市中央区磯上通8-1-13 建信ビル4F
神戸国際会館から徒歩1分
JR三ノ宮・阪急三宮・阪神三宮駅から​徒歩5分
© FlexibleStyle2016 Allright Reserved.