top of page

【ダイエットコースビフォーアフター】60代女性 が失敗から学んで得た筋肉と健康◎食事内容も公開!


パーソナルトレーナーの佐藤勇介です。

本日は昨年からFlexible Styleに通ってくださっている60代女性K様のビフォーアフターをご紹介します。

 


・元気で過ごしたい

・全体的に痩せたい

・リバウンドしない体作りがしたい

・健康のためにトレーニングをずっと続けたい

 

 

K様はこのようなご要望を持って体験レッスンに来てくださりました。

過去に行かれていたエステで100万円以上の金額を払い10kg以上痩せた経験がありますが完全にリバウンドをしてしまったそうです。

それもそのハズ。エステでの食事管理がかなり厳しかったようで、期間中ほとんど食事を摂ってはいけないルールだったそうです。

今思うと食べなかったので痩せるのは当たり前という感じですが、当初は痩せたい一心でエステに通いながら頑張って食べないダイエットを続けられていたそうです。

 

※トレーニングをせずに食事制限だけでダイエットをするとあなたの財産である大切な筋肉を失うことになるので絶対にオススメはできません。

 

K様は運動を将来の健康のためにずっと続けたいということ、また過去のリバウンド経験から早く痩せたい気持ちはもちろんあるけれど極端なことをしてもずっと続けれれないし、年齢のことを考えると無理はしたくない。ということであまり短期間では考えずに緩やかに痩せていけたらということでした。

私も結果を早く出すサポートをしたい気持ちは山々でしたがK様の考えに同意しました。

 

ダイエットを始めるにあたって正しい食事の摂り方が分からないということでK様はまず毎日LINEでの食事指導がある3ヶ月のダイエットコースを申し込まれました。(ダイエットコースは日々の細かい食事指導が付いていますので短期間で大きく痩せたい方だけではなく、K様のような方もご利用されています)

 

3ヶ月のダイエット期間中、まずはK様が良かれと思う食事を一定期間していただき、ダイエットの進捗を見守りながら私が気になるポイントを日々お伝えしていきました。

食べたものをチェックしていくと、一見多くの量を食べていないようでも脂質が多く見た目以上にカロリーを摂取されていることが分かりました。

ダイエットをしていくにあたって余計な間食も見受けられました。

そこでしばらくは脂質を意識的に減らしていただくことにしました。

すると少しずつですが体重が落ち始めました。

K様は私のアドバイスをほぼキッチリと守ってくださりました。

 

 




 

 



上の写真が普段の報告内容と食事内容です。

しっかり食べながらダイエットを進めました。


途中からは糖質を意識して減らすダイエットも挑戦されました。

ずっと同じ方法でダイエットをするとダイエットが停滞する場合があるので長期間でダイエットを進める場合、定期的に様々な方法を取り入れるやり方があります。

 

チーズなど脂質のある食べ物がお好きだったので炭水化物をあまり摂れなくてもK様はそこまでストレスがない様子でした。

 

トレーニングにおいては、K様は運動をあまりされていなかった為、入会当初トレーニング中にすぐに息が上がっていたため何度も休憩を挟みながらトレーニングを進めていきました。

週に2回、姿勢改善のための筋力が弱い部位のトレーニングや心肺機能を高めるためのトレーニングを続けていると徐々に体力、筋力、心肺機能が上がっていき、今では入会当初と比べるとトレーニングはハードにはなっていますが、フラフラすることはなく、定期的に様々な種目で自己ベストを更新されています(以前まで挙がらなかったウエイトを持ち上げられるようになったり、以前までできなかった回数ができるようになったり)

 

 

そして3ヶ月のダイエットコースが終わりました。

 

結果ですが

 

初回計測時に84,2kgあった体重が3ヶ月で79.3kgに(マイナス4.9kg)

体脂肪率は最大42.5%から35%になりました。

体内年齢は75歳から70歳に

 



 

写真を見比べるとそこまで大きな変化に見えないかもしれません。

しかし実際、全体的にサイズダウンしておりお腹周りはなんと11.5cmマイナスになりました。

ダイエットコース開始前、お顔は少しふっくらした印象でしたが今では以前よりも少しシュッとされました。

 

ダイエットコースが終わってからも当初の計画通り週1回〜週2回のペースでトレーニングに通っていただいています。

最近は写真撮影とサイズ計測はしていませんがジムでの最低体重は76.1kgで入会当初から比べると最大マイナス8,1kgのダイエットに成功されています(またそろそろ測定などしてみようと思っています)

 

最終目標まではまだ距離がありますがこれからもK様の健康維持とダイエットの目標をサポートさせていけたらと思っています。

Comments


特集記事
最新記事
アーカイブ