姿勢シリーズ あなたはどれ?O脚の4タイプ

パーソナルトレーナーの佐藤勇介です。 前回のブログではO脚の簡単なチェック方法や、O脚のになりやすい習慣、O脚のデメリットについてお伝えさせていただきました。 まだご覧になられていない方はぜひご覧ください。 今日はO脚の主な4つのタイプについて解説していきたいと思います。 ①股関節が内旋しているO脚 まっすぐ立った時に膝が少し内側を向いているタイプです。 若い女性に多く見られるタイプでスタジオに来られる女性の中ではこのタイプが圧倒的に多いです。 なぜこのような足の形になってしまっているかというと、股関節を外側に向けるための筋肉がうまく働いていないからです。 お尻にキュッと力を入れ股関節を外側に開いてもらうと(外旋)開いていた膝の隙間が狭くなるのが分かります。 (O脚の方には体験レッスンの時にこのようなチェックをしています) このような方には股関節を外側に向きやすくするために、硬くなって動きを制限している筋肉の緊張を緩めて足を外側に開くようなトレーニングを行っていきます。 O脚改善に特化したトレーニングを続けていくと割と早い段階で治ります。 僕がお伝えする5分程度の宿題や普段の立ち方などを意識していただければ、3カ月間ほどO脚が改善しているのが実感できるでしょう。 またこのような形はお尻も下がりがちなのでO脚を改善していくに従ってヒップアップ効果も期待できます。 ②股関節が外旋しているO脚 先ほどとは真逆のタイプのO脚です。 どちらかというと中高年の男性に多いタイプです。 Flexible Styleは女性専用のトレーニングジムということもあり、現在通われている会員様でこのタイプ

姿勢シリーズ O脚について(簡単なチェックあり)

パーソナルトレーナーの佐藤勇介です。 少し前から姿勢に関しての記事を連載しております。 まだご覧になられていない方は是非最初からご覧になって下さいね。 今回のテーマは多くの女性が抱えている下半身の悩み「O脚」についてです。 カラダを正面から観察する 前回までの姿勢シリーズでは「骨盤の前傾と後傾」についてお伝えしてきました。 骨盤の前傾と後傾を解説する時、カラダを横から見た時の面(矢状面)から見て骨盤がどうなっているのかというのを見てきました(下の図参照) O脚について解説をする時は、横から見ても分からないので正面から見た時の状態を観察していきます(上の図でいう前額面) 姿勢というのは横から見た時に骨盤がどのような状態になっているかも大切ですが、もちろん正面から見た時も大切なんです。 あなたの姿勢は正面から見た時に美しい姿勢と言えますか? O脚チェックをしてみよう O脚かどうかのとっても簡単なチェックです。 是非チェックしてみてください。 正面を向いてまっすぐ立ちます。 ①太ももの付け根あたり ②膝の内側 ③ふくらはぎ ④くるぶし 以上4箇所のうち1箇所でも離れているとO脚です。 O脚は細かく分類するといくつか種類がありますがどれか1箇所でも離れていたらO脚ということです。 ※4ヶ所全て付いている場合でも、太っていてお肉があるため付いているだけで実はO脚というケースもあります。 どうしてO脚になるの?O脚を招きやすくるする習慣 ●脚を組む習慣がある 脚を組む習慣があると骨盤の高さに左右差が出やすくなります。 そうなってくると立った時に脚の長さに違いが出るためどうしても片足に重心が

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
営業時間
9:00〜20:00
​不定休
ACCESS
兵庫県神戸市中央区磯上通8-1-13 建信ビル4F
神戸国際会館から徒歩1分
JR三ノ宮・阪急三宮・阪神三宮駅から​徒歩5分
© FlexibleStyle2016 Allright Reserved.