加圧トレーニングについてを分かりやすく解説します


加圧トレーニングとは?

加圧トレーニングとは腕や脚の付け根を専用の加圧ベルトで締め血流を適切に制限した状態で行うトレーニング方法です。

加圧トレーニングの歴史については知らない方も多いのですが約50年前にそれも日本で誕生しています。

発明者は佐藤義昭氏。

正座をして足がしびれた感覚がトレーニングをして筋肉をパンパンに追い込んだ感覚と似ている!と思ったことが加圧トレーニング誕生のキッカケです。

正座の際、足が圧迫され血流が悪くなっていることから「人工的に血流を制限した状態を作り出せば良いのでは?」と考え独自で実験を重ねられました。

その後、東京大学の石井直方教授と共同研究をし現在の加圧トレーニングのスタイルが確立しました。

加圧トレーニングの特徴①

→成長ホルモンの大量分泌

加圧トレーニングの最大の特徴は短時間かつ低負荷のトレーニングで成長ホルモンを大量に分泌させることができるということです。

下の図を見てください。

この図は私たちのカラダから出る成長ホルモンの分泌パターンです。

図を見て分かるように成長ホルモンの分泌は10代をピークに加齢とともに激減していきます。

さらにこちらの図をご覧ください。

このように加圧トレーニングを行うことによって成長ホルモンを大量に分泌させることができます。

(※加圧トレーニングをすると運動前と比べて成長ホルモンが約300倍近く分泌されたというデータもあります。)

加圧トレーニングの特徴②

→低負荷なのに筋力がUP

低負荷で筋力をUPさせることが出来るのも加圧トレーニングの特徴の1つです。

通常、筋肉量を増やす為には「10回持ち上げるのが限界」といったようなある程度高い負荷を筋肉に与える必要があります。

しかし加圧トレーニングは軽い負荷の運動でも十分に筋肉量を増やすことが出来ます。

加圧トレーニングの特徴③

→短時間でトレーニングが終わる

加圧トレーニングを約20分行うとジムで2時間くらいトレーニングをするのと同等の効果があるとされています。

それは成長ホルモンの体調分泌よる効果が大きいです。

また通常の筋力トレーニングではトレーニングを1セットした後、しっかりとインターバル(=休憩)を取ります。

1分から3分近く休んでから2セット目、3セット目に入ります。

これは休憩をしっかり挟む方がトレーニングの効果が出やすいからです。

つまり1種目を行うだけでも平気で10分以上の時間がかかってしまうことになります。

しかし加圧トレーニングではセット間のインターバルが短いほど効果が出ることが分かっています。

10秒から15秒くらいで2セット目、3セット目に入ります。

やってみたら分かりますが本当にあっという間に終わります。

成長ホルモンと加圧トレーニングの効果

成長ホルモンとはアンチエイジング効果が期待できる強力なホルモンのことです。

加圧トレーニングで出る成長ホルモンは美容外科などで打つホルモン注射とは違って体内から自然に分泌されるホルモンなので副作用の心配がないと言われています。

加圧トレーニングをすると成長ホルモンの分泌促進により

体力強化、筋肉量アップ、体脂肪の減少、肌のハリやツヤUP、免疫力の強化、コレステロールの減少、記憶力の回復、血圧安定、疲労回復が早くなる、更年期障害の改善、睡眠の質UP、視力改善、心肺機能改善、骨粗鬆症の予防、心臓病、脳卒中の予防、性的機能の改善、自然治癒力UPなど

様々な効果があることが証明されています。

加圧トレーニングの流れとメカニズム

以下が加圧トレーニングの流れと仕組みです。

①腕や脚の付け根を専用の加圧ベルトで締めて血流を適切に制限する

②血流を制限した状態でトレーニングを行うと疲労物質である乳酸が筋肉内に蓄積する

③その結果、軽い重量でトレーニングを行っていても重い重量でトレーニングを行っていると脳が錯覚し筋肉の活動レベルが増大する

=(通常、軽い重量のトレーニングだと遅筋しか動員されないが脳が騙されているため速筋と呼ばれる筋肉が動員される)

④加圧ベルトを外して一気に血流を流す

⑤血液を制限していたため加圧前に比べて血液が勢い良く流れる(血流UP)

⑥成長ホルモンの大量分泌(脂肪分解などさまざまな効果)

加圧トレーニングのダイエット効果をUPさせるには?